便秘を改善するためには、腸内環境を整えることが大事

便秘を改善するためには、腸内環境を整えることが大事

女性なら誰でもお悩みかと思いますが、便秘は嫌ですよね。
便秘にならないため、そして便秘を改善するためには、腸内環境を整えることが大事なのです。

 

腸内環境とは

 

腸内にはたくさんの菌が住んでいます。大まかに分けると善玉菌や悪玉菌、日和見菌の3種類が住んでいて、重さはなんと、菌だけで1kgを超えます。

 

善玉菌は文字通りに良い事をする菌で、体外から侵入してきたばい菌やウイルスと戦うので免疫力が上がり、さらにはビタミン等の身体に良い物質も生成してくれたり、便秘を予防したり治したりします。

 

それに対し悪玉菌は、身体に悪い発がん性物資を生成したり、血液に乗って全身を巡っているため、体臭や口臭がきつくなり、便秘や肌荒れを発生させます。

 

日和見菌はどっちつかずで、数が多い方の味方になります。簡単に言うと裏切り者ですね。

 

善玉菌の増やし方

 

つまり、善玉菌を増やせば便秘どころから身体が健康になるという事です。

 

この善玉菌は不摂生が嫌いです。不規則な生活を続けていると善玉菌の数は減り、悪玉菌が増えてしまいます。

 

善玉菌を増やすには規則正しい生活を続けることが大切なのです。

 

そんな余裕ないという方は、善玉菌は体外から摂取したり食べ物で増やすことが可能なのです。

 

まず、発酵食品の納豆には納豆菌が含まれています。この納豆菌はすごく優秀で、悪玉菌を退治するだけでなく、納豆菌自体が善玉菌なので効率的に善玉菌を増やすことが出来ます。
さらに、乳酸菌も善玉菌になります。ヨーグルトと納豆を毎日食べるだけでもかなり改善されます。

 

さらに効果を高めたいなら、善玉菌の食料になると同時に腸を刺激して動きを活発にする食物繊維、善玉菌の大好物のオリゴ糖も摂取しましょう。

 

健康と腸内環境は深い関係がある

 

身体の健康と腸内環境は深い関係があります。腸内環境が悪いと便秘だけでなく病気になりやすくなったり肌荒れも発生します。
しかし、善玉菌を増やすことで免疫力も上がりますし、便秘も治ります。

 

納豆菌や乳酸菌は善玉菌で、それらが含まれる物を食べればよいです。
食物繊維やオリゴ糖は善玉菌の餌になるので、積極的に摂取しましょう。