やせるための朝食抜きは便秘になりやすい習慣

やせるための朝食抜きは便秘になりやすい週間

忙しいから、やせるため、などが理由で朝食抜きをしていませんか。朝食抜きは便秘になりやすい習慣です。朝食を食べていなくて便秘の方は、朝食を食べる習慣をつけてみてはどうでしょうか。

 

朝食と便秘の関係

 

朝は胃の中が空っぽな状態です。空っぽな胃に食べ物が入ることで、胃大腸反射が起こり腸が活発に働きます。この大蠕動運動は朝食を食べないと起こりません。朝食抜きにすると大蠕動運動が起こらず、便が滞りやすくなるのです。

 

朝食を食べて朝に排便する習慣をつけると便秘になりにくくなります。

 

朝食に食べたいもの

 

何でもいいので口にすることが大切ですが、どうせなら便秘解消に効果的なものを食べたいですよね。

 

おすすめはヨーグルトと味噌汁です。

 

ヨーグルトは乳酸菌が豊富で乳酸菌が腸内環境を整えて排便を促します。朝に冷たいヨーグルトを食べることで刺激になり、腸の働きが活発になります。果物を加えると、ヨーグルトに不足する食物繊維を補うことができます。

 

味噌にはメラノイジンという成分が含まれており、メラノイジンの働きで腸内環境が改善します。味噌汁には海藻、きのこ、野菜など食物繊維が豊富な食材を使用します。食物繊維を摂ることで腸の蠕動運動が活発になります。現代人は食物繊維が不足しているので、具だくさん味噌汁で食物繊維をたっぷり摂りましょう。

 

朝食を食べたらトイレへ

 

朝食を食べると腸の働きが活発になって便意を感じると思うので、トイレに入る習慣をつけましょう。時間がないからと便意を我慢していると、便意を感じにくくなって便秘になります。便意がなくてもトイレに入る習慣をつけることで便秘が解消するケースもあります。

 

トイレに行く時間を確保するために朝はゆとりをもって過ごしましょう。また、慌ただしく過ごしているとストレスになり、交感神経が活発になって腸の働きを悪くしてしまいます。いつもより少し早めに起きれば時間を確保することができます。お腹がスッキリすれば1日を快適に過ごすことができます。