青汁は製法や原料の品種で味が違います。

青汁は製法や原料の品種で味が違います。

青汁はまずいというイメージがありませんか。最近の青汁は製法や原料の品種改良で飲みやすくなっています。しかし、やっぱり苦みが気になります。

 

青汁の原料には、ケール、大麦若葉、明日葉、クロレラなどさまざまなものが使用されていて、原料によって飲みやすさが違います。飲みやすい原料とはどんなものでしょうか。

 

自然

 

ケール

 

青汁によく使われるのがケールです。ケールはスーパー野菜ともいわれる栄養価が高い野菜です。ビタミンAは人参の2倍、カルシウムは牛乳の2倍、マグネシウムはトマトの4,9倍にもなります。
ケールはやや癖がある味で飲みにくく感じます。そのため、ケールだけでなく大麦若葉など他の野菜を混ぜたり、蜂蜜を加えて甘さを出すなど工夫をした青汁があります。

 

大麦若葉

 

大麦若葉もケールと同じくらいよく使われる原料です。栄養価が高くカルシウムは牛乳の4倍、マグネシウムはトマトの1,8倍、鉄分は人参の5倍にもなります。
ケールに比べると癖がなく飲みやすいです。飲みやすいので大麦若葉を主体とした青汁が増えています。

 

明日葉

 

明日葉は房総半島や伊豆諸島などで栽培されている野菜です。おひたし、炒め物などで食べることがあるので、青汁にしても飲みやすいです。
カルコンという特有の成分には、巡りをよくしてむくみを解消する働きがあります。むくみ解消サプリメントに使用されることもあります。

 

長命草

 

長命草は沖縄で栽培されている植物です。沖縄の人たちの健康を支えています。ミネラルが豊富で、1株食べると1日長生きするといわれています。
長命草を主原料にした青汁はあまりありません。ブレンドして飲みやすくなっています。

 

ゴーヤ

 

ゴーヤは苦いですよね。青汁に使用した場合も苦いです。ゴーヤだけだと飲みにくいので、他の原料と混ぜて使用することがあります。
ゴーヤにはモモルデシンという血糖値の上昇を抑制する成分が含まれています。ゴーヤは限られた期間しスーパーで手に入れることができませんが、青汁なら1年中摂取することができます。"