スムージーにはどんな野菜や果物を入れたら効果的か

スムージーにはどんな野菜や果物を入れたら効果的か

バーミックスやミキサー一つで簡単に作れてしまうスムージーは本当に便利です。

 

 

野菜嫌いなお子さんが居る家庭や一人暮らしで栄養が足りてないと感じる女性の方には特にお勧めです。筆者は一人暮らしをしていた時、朝は体を目覚めさせる為に毎日朝食にスムージーを作って飲んでいました。余った野菜や熟れ過ぎた果物も全て混ぜてしまえば美味しいジュースに姿を変えます。さてこれからスムージー生活を始めようとしているあなたにどんな野菜や果物を入れたら効果的かご説明しますね。

 

 

@バナナ

 

 

値段も手頃で味に深みが出るバナナはどんなスムージーにも合います。

 

 

バナナは低カロリーなのに栄養価がとても高いフルーツです。ビタミンB群を含むバナナを食べる事により整腸作用が働き、肌はつるつるに。そして体の免疫力を高めます。傷み始めたバナナもスムージーにしてしまえば気になりません。甘みも増しより一層美味しいスムージーになります。バナナ・豆乳・ハチミツは一番シンプルで美味しいスムージーです。

 

 

Aリンゴ

 

食物繊維が豊富で消化を助け、血のめぐりを良くしてくれます。便秘気味の方は積極的にスムージーにリンゴを入れてみて下さい。プラスでヨーグルトを入れれば効果・味ともに完璧です。

 

 

Bほうれん草

 

 

緑黄色野菜の代表、ほうれん草は栄養価がとても高く疲労回復に効果的です。ベータカロチンやビタミンCが豊富に含まれています。体力が無い方や貧血気味の人は積極的にほうれん草を取り入れましょう。

 

そしてこのほうれん草の緑色がキレイなスムージーカラーを彩ってくれます。

 

 

Cラズベリー

 

赤色の食欲がわく美味しそうなスムージーを作るにはラズベリーの存在が不可欠です。ラズベリーにはビタミンやポリフェノールがたっぷりと含まれています。パソコンを一日使用する方には朗報です。

 

 

ポリフェノールには視覚機能を改善してくれる成分が入っており眼精疲労にとても効きます。そして老化防止にも効果的です。更にブルーベリーやイチゴを加えたベリーのスムージーは最強です。ここでご紹介した果物・野菜はどんな食材と合わせても失敗しない優秀な果物・野菜達です。お好みで豆乳やアーモンドミルク、甘みをプラスする際にはハチミツを入れてオリジナルのスムージーを楽しんでみてくださいね。