沢山食べてしまう玉ねぎ…過剰摂取に注意!?

沢山食べてしまう玉ねぎ…過剰摂取に注意すべき?

玉ねぎはお好きでしょうか。

 

 

栄養たっぷりアレンジもしやすい玉ねぎの話をします。玉ねぎの特徴と言えば切ったら涙が出るあの症状が独特だと思いますが、あれは二硫化アリルという成分が原因です。台所から離れていても、何の野菜を切っているかすぐ分かる良くも悪くも玉ねぎらしい特徴ですね。次に生でオニオンスライス等する際に感じるピリっとした辛さの正体ですが、硫化アリルという成分が切られた際にアリシンに変化するのが原因です。

 

 

血液に有効なのがこのアリシンですが、辛味が苦手な方も多いでしょう。この成分の含有によってあの刺激的な味覚の度合いが変わります。水でさらしてから調理または加熱する事で辛味は改善されるのでそうして食べる事をすすめたいと思います。オニオンスライス等サラダに用いる場合以外はほとんどが加熱をしての料理なので余りダイレクトに辛い玉ねぎ料理を食べる機会も少ないかもしれません。

 

 

この辛味が苦手だけどオニオンスライスが入ったサラダが好きで食べたいという場合は、新玉ねぎを選ぶようにすると辛味の度合いも多少下がります。一般的な玉ねぎより辛味は抑えられているし、本体の一枚一枚厚くがふっくらと豊かです。そして水分もたくさん含まれています。また、調理する際のカット方法でも辛味を抑えることが出来ます。

 

 

玉ねぎの頭とお尻をカットした後、自分に対して横向きに玉ねぎを構えてまっすぐ切る一般的な縦切が、一番辛味を排出しやすいとされています。さらに水にさらせばあらかたの辛味は抜けるので気になる方は意識して切ってみるのもいいかもしれませんね。辛味や匂いなど他の野菜と違ってちょっとネガティブな要素が感じられる玉ねぎですが、なぜこんなにも注目され好んで食べる人が多いのか。

 

 

それはやはり玉ねぎ自身の栄養素がとても豊富でしかも調理しやすくアレンジの幅もかなりあるという、調理材料としての大きなメリットを兼ね合わせているからです。調理材料においてこの2点の組み合わせは本当に最強で、栄養は沢山あるけど調理しにくい形状や癖のある味等中々摂取しにくい素材の方が圧倒的に多いからです。

 

 

そんな多くの素材の中で玉ねぎは食卓に上る機会がとても多い優秀な素材です。

 

 

アレンジもしやすいためついついたくさん食べてしまいがちですが、過剰摂取も気を付けたいところです。沢山食べれば血がサラサラでいいことがいっぱいと思いきやちゃんと、落とし穴はあります。口臭や体臭等で玉ねぎが主張してきますのでくれぐれもご注意を